事故に遭遇したときの正しい対処方法をご紹介。

事故調査会社の鑑定でわかること

事故に遭遇したときの対処方法とは

事故に遭遇したら、パニックになったり、茫然自失となり、正しい対処が出来ないという人がいます。これは事故の加害者、被害者の両方に言えることです。
そして、正しい対処が取れないと、自分や相手の生命に関わったり、事故の加害者は、厳しく罰せられる場合があります。
そこで、事故に遭遇したときの正しい対処方法を、事故が起こってから、順を追ってご紹介したいと思います。

1.負傷者の救護
まず、事故を起してしまったら、負傷者の救護を一番に行ってください。この救護を行わない場合、救護義務違反などの道路交通法違反となります。
事故による負傷、意識がもうろうとしているなどの症状がある場合などは救急車を呼ぶことを忘れないでください。

2.警察に通報する
事故を起こした加害者、そして事故に遭った被害者、どちらがということはなく、どちらかが必ず警察に連絡して下さい。
軽い接触事故で、見た目には怪我もしていないと、警察への連絡を怠る場合がありますが。見た目には怪我をしていなくても、後で症状が出る場合があり、その時、事故に遭遇した証明をするのが難しいと、被害者が困ります。

3.事故の現場を保存する
自動車事故で、他の車の通行に邪魔になるといけないからと、事故現場からはなられた場所に事故車両を移動させようとする人がいますが、事故現場の保存をするため、警察が現場に到着するまで、なるべく移動はしないでください。
ただし、交通量が多い道路や高速道路など、事故車両によって二次事故が発生する可能性がある場所では、車両を路肩に移動させるなどの対処が必要になります。
また、事故を起こした瞬間の現場を目撃している人など、目撃者がいれば、その人に事情を話し目撃証言をしてもらえるよう、警察に話をしてもらえるようお願いすることも必要になります。

4.保険会社に連絡する
事故現場で行うべき対処を全て行った後、事故を起こした、または事故に遭ったことを保険会社へ連絡してください。
事故が起こって早々に保険会社へ連絡する人もいますが、保険会社への連絡は事故対処の一番最後です。

事故の正しい対処を覚えておき、もし事故を起してしまった、事故の被害にあった場合、それぞれ正しい対処を取るよう覚えておきましょう。