事故調査会社に鑑定される場合の注意点とは

事故調査会社の鑑定でわかること

事故に遭遇してしまった

自動車を運転されている方は、任意の保険に加入していると思います。任意保険なので、強制加入の必要はありませんが、いざというとき保険に入っていることで助かるというケースもあります。
この保険に加入している方で、交通事故を起してしまった、または、交通事故に巻き込まれてしまったという方は、その損害が保険によって保証されるのか気になるところだと思います。
車同士の事故で、どちらに過失があったのかはっきりしない、双方の意見が別れてしまったときなど、保険会社から事故調査会社の鑑定を勧められることがあります。
これは何か特別な理由があるわけではなく、そうした事故調査会社という第三者が当事者達の間に入ることで、過失割合の話し合いをスムーズに進めることができるので、事故の処理を行うときには助けになる場合もあります。
しかし一方で保険会社から勧められた事故調査会社の鑑定が納得のいかない鑑定結果で、保険会社には、事故調査会社からの鑑定結果を呑んでほしいと言われたら?
そんなとき、保険に加入していた人は納得できないと思います。
そこで、事故調査会社に鑑定をしてもらうときから、保険会社の事故担当者、事故を起こした相手や自分が事故を起してしまった時など、一連の流れで注意しなくてはならないことをここで紹介しようと思います。

事故調査会社とは?鑑定結果は遵守する義務がある?

保険会社から事故調査会社の鑑定結果に従って欲しいと言われたことがある人で、その鑑定結果になっとくができないという人はいると思います。
そもそも事故調査会社について、保険の加入者はどこまでご存知でしょうか?
事故調査会社とは、事故が発生した時、事故の当事者同士の過失の割合について調査をする会社のことです。
すごく簡単に説明しましたが、事故調査を行う会社には2種類の物があります。
・1つは探偵
保険会社からの依頼で、事故を起こした相手の素行などを調べ、当日の様子などを調べることがあります。
事故自体の調査を行うというより、事故を起こした人、個人の調査を行うと思っていいでしょう。
・1つは事故鑑定調査会社
先の探偵とは別に、事故がどのようにして起こったのか、警察などの捜査でわかったこと意外で、何か見落としなどがないか、事故について独自の鑑定を行う会社のことで、多くは警察OBなど捜査関係に従事した経験のある人間運営している事故鑑定調査会社があります。
保険会社によって、どちらの事故調査会社に鑑定の依頼をするのか違うため、どういった調査会社に依頼をしたのか、事前に保険会社に確認を取ることは大切です。
また、保険会社から調査の結果について報告されたとき、その鑑定結果に従う必要があるのか気になるところだと思います。
結論から言えば、この鑑定結果を遵守する義務はありません。鑑定結果に不服がある場合は、その結果に対する提案を拒否することもできます。

拒否したら保険はおりない?

事故調査結果に不服があった場合、結果を拒否することは出来ますが、心配なのはその結果を拒否したことで、保険会社から保険がおりないということはないかという点です。
保険が適用されないということはよく耳にする話ですが、調査結果を拒否したことで、保険がおりないということは必ずしも起こることではありません。
保険会社には、事故調査会社の鑑定結果に対して不服なことを伝えれば、当事者同士での示談などを勧められると思います。
しかし、こうした示談では話し合いが進まなかったり、事故処理が長期化するため、体力的、精神的にも疲れてしまいます。
そうした場合は、事故調査会社の結果をある程度呑むこと、もしは、自分で弁護士を雇い、事故調査に関しての話し合いを弁護士を通して行うといった手段も残されています。
多くの場合、こうした事故が発生してから、その処理には少ないない時間と手続きが必要になります。これは事故の大小関係なく、保険会社に調査を依頼したときも同じです。
そのため、事故調査会社に調べてもらうことと合せて、事故を処理するために必要な手続きなど、弁護士を通して相談をしておくことをお勧めします。
事故の処理をなるべく早く片付けたい、示談でも構わないという場合では、事故調査会社の鑑定結果を参考に保険会社と事故を起こした、または事故の被害者に対しての賠償を行うことも必要になるでしょう。
どちらの過失かわからない事故の場合では、なるべく多くの人からのアドバイスを受けるようにして、事故の処理を行うことになると思いますので、事前に事故処理に関して調べておくことは大切です。